EXPENSES

学費サポート制度

入学金・学費を軽減したい!

特待生制度

高校生のみなさんの成績や活動、試験の結果によって、学費の免除額を決めるための制度です。

メリット

学費の免除にチャレンジできる!

利用するためには

① 募集要項10ページに記載されている応募条件をチェック。
8つのうち1つでも当てはまっていればチャレンジOK!
② 出願時に©特待生制度申込書を記入し同封。
③ 面接、筆記試験(一般常識)、書類審査の試験を受ける。

特待生制度

高校生特待生制度

出願条件 本校を第一志望とし(併願入試以外)、平成30年3月に高等学校卒業見込の者
応募資格 下記のいずれかに当てはまる者
①学業評定平均値3.4以上ある者(3学年の1学期または前期までの平均)
②県レベル以上の各種コンテスト入賞者(高校在学中)
③各種資格試験2級以上または、それと同等と認められる資格の取得者
④部活動部長(高校在学中)
⑤スポーツ、文科系活動で県大会に出場し入賞(高校在学中)
⑥生徒会役員経験者(高校在学中)
⑦高校3年間皆勤(出願時まで)
⑧本校のオープンキャンパスに3回以上参加している
選考方法 ■書類選考
■面接試験
■筆記試験(一般常識)
※AO認定者も上記選考を実施します。
特典 選考により特待生としてふさわしいと判断された者には、判定ランクにより次のとおり入学金および授業料が免除となります。
●ランクA/入学金全額+入学手続時納入金の内20万円免除
●ランクB/入学金全額+入学手続時納入金の内10万円免除
●ランクC/入学金全額免除
●ランクD/免除なし
定員 30名程度
応募期間 平成29年10月2日(月)~平成29年12月14日(木)
※AO入試の者のみ平成29年9月15日(金)~平成29年9月29日(金)
選考日 平成29年10月7日(土)、平成29年10月21日(土)、平成29年11月18日(土)、平成29年12月16日(土)の計4回
選考結果 特待生制度選考試験実施後、10日以内に選考結果を本人ならびに高等学校宛にご郵送いたします。
応募書類 出願書類に下記を同封すること

■特待生申込書
■各種検定・資格合格書、賞状のコピー(応募資格②③⑤の場合)

高校既卒・社会人特待生制度

出願条件 本校を第一志望として、既に高等学校を卒業している者または、高等学校卒業と同等の学力を有する者。
応募資格 下記の何れかに当てはまる者

①職業経歴がある
②県レベル以上の各種コンテスト入賞者(中学校卒業以降)
③各種資格試験2級以上または同等と認められる資格取得者
④スポーツ、文科系活動で県大会に出場し入賞(中学校卒業以降)
⑤本校のオープンキャンパスに3回以上参加している
選考方法 ■書類選考
■面接試
特典 入学金全額免除 *書類選考、面接試験の総合評価により免除なしとなる場合があります。
募集人員 若干名
応募期間 平成29年10月2日(月)~平成29年12月14日(木)
選考日 平成29年10月7日(土)、平成29年10月21日(土)、平成29年11月18日(土)、平成29年12月16日(土)の計4回
選考結果 高校既卒・社会人特待生制度選考試験実施後、10日以内に選考結果を本人にご郵送いたします。
応募書類 出願書類に下記を同封すること

■特待生申込書
■各種検定・資格合格書、賞状のコピー(応募資格②③④の場合)

進級時特待生制度

入学後も意欲をもって学業に取り組んだ方を対象とした制度です。

募集人員 10名程度
申込資格 来年度進級予定者で、下記のすべてに該当する者

①1年次の成績においてA評価85%以上
②進級時特待生面接の前日まで皆勤
③担任及び学科長の推薦を受けた者
選考方法 ■書類選考
■面接試験
特典 特待生と認められた者は、2年次授業料より10万円を返還します。
判定について 募集定員を超える申込があった場合、書類審査と面接試験の総合結果により、免除が与えられない場合もあります。

進学のために奨学金を利用したい!

日本学生支援機構
奨学金制度

ビーエフでも、もっとも多くの学生が利用している学費サポート制度です。入学してから貸与が始まります。

メリット

■ 無利子(第1種)・有利子(第2種)から選べる。
■ 必要な金額に応じて月額を選べる。
■ 返済時の利率が他の教育ローンに比べ低い(第2種)。

利用するためには

① 高校3年生の4〜5月に予約採用に申し込む。
② 申し込めなかった場合、採用されなかった場合は、ビーエフ入学後に申し込む。

奨学金制度

学費を分割で支払いたい!

学費分割納入制度

日本学生支援機構 奨学金制度を利用する方で、学費の分割納入を希望される方におすすめの制度です。

メリット

■ 各ご家庭のペースに合わせて分割納入できる 。
■ 入学前の費用からも利用できる。
■ 自己資金を最小限で抑えることができる。

利用するためには

原則、日本学生支援機構の予約採用者、または日本学生支援機構を入学後申し込む予定の方が対象です。利用を希望される方は、個別にシミュレーションをしますので、ビーエフ入学相談室にご連絡ください。
0120-442-335

資料請求(無料)
オープンキャンパス

pageTOP